おはようこんにちはこんばんは!本のこと、アートなこと、旅のこと、サイエンスなことなどがエントロピー増大気味に散らばっている部屋へようこそ。


by Chubb-3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:京の都*Kyoto( 40 )

詩仙堂の帰り道に寄った甘味処は、一乗寺 中谷さん。
看板商品のでっち羊羹から、豆乳プリン、緑茶ティラミスなど和洋折衷の商品が並びます。
お食事もできます。

この日はおまかせパフェを選んでみました。
一乗寺 中谷 Nakatani
おまかせパフェは、モミジの形をした砂糖菓子(?)をてっぺんに飾って
やってきました。
白玉・抹茶アイス・カステラにベリー類と餡子・シロップが絡み合い・・・
下のほうには豆乳プリンが隠れていて、本当に絶品でございました♪
[PR]
by Chubb-3 | 2006-11-23 19:14 | 京の都*Kyoto

詩仙堂

今日はあいにくの雨模様ですが、
京都・洛北は今週末あたりが紅葉の見ごろだそうですね。

1ヶ月前になりますが、京都の詩仙堂に行ってきました。
まだその頃、もみじは青々としていてそれはそれで美しかったのですが、
これが赤や黄色に染まるとどんなにお庭に映えることだろうかと思いました。

エキサイトブログの新しい機能、スライドショーがどんな感じになるか、
試しにエントリーしてみます♪(^ー^*)
また、同じ写真をキャプション付きでflickrにアップしています。
どちらも記事の続きからどうぞ!

スライドショー&flickrへのリンクはこちらから・・・>
[PR]
by Chubb-3 | 2006-11-19 15:22 | 京の都*Kyoto
積ん読帳」アップしました。
炉辺歓語
こんな感じ♪
[PR]
by Chubb-3 | 2006-10-21 21:50 | 京の都*Kyoto
皆様、あけましておめでとうございます。
本年も拙ブログをよろしくお願い申し上げます。
Fushimi Inari
元旦の今日は、伏見のお稲荷さんにお参りしてきました。
夕方近くに行ったのですが、足元が見えないくらいの大賑わいでしたよ!
良い年になりますように~☆彡
[PR]
by Chubb-3 | 2006-01-01 23:54 | 京の都*Kyoto
この間の日曜日、「うわ、最終日!?」と、急いで行ってきました「建仁寺とドイツデザインの出逢い」、"Dieter Rams ‐Less but better‐Weniger,aber besser‐" (2005. 9/23~10/23)。
この展覧会は、「2005/2006 日本におけるドイツ年」に因み行われました。

ディーター・ラムスは、髭剃りで有名なBRAUNの工業デザイナーで、数々の代表的な製品を手がけてきた人。その製品の、ムダをそり落とした、けれどもオシャレな感覚、それでいて機能的という特徴は、いわゆる「ドイツ製品」のイメージに重なります。

ひるがえって建仁寺は、京都最古の禅寺。
その禅寺の建築様式は現在の和室までつながり、その精神はディーター・ラムスのデザインに通じるところがあります。
事実、ラムスのデザイン哲学には日本の伝統意匠に多大な影響を受けたのだそうです。
TV & record set on tatami mats 畳の上のテレビとレコード
たとえば、こんなテレビやレコードセットが畳の上にポンとあっても全然おかしくないでしょ?
Daruma image, TV & record set 達磨とテレビとレコード
そして達磨さんの掛け軸と。

これらの様子をいま、Flickr:Photos from Chica_Chubbでアップ中。
上の写真を大きくご覧になりたい方は、写真をクリックしてください♪
☆ Flickr (Chica_Chubb) SET: 「建仁寺とドイツデザインの出逢い」"Dieter Rams‐Less but better‐Weniger,aber besser‐"
スライドショーでご覧になりたい方はコチラから→Slideshow:Dieter Rams

また、建仁寺の法堂(はっとう)では、2002年の建仁寺建立800年記念事業として描かれた、小泉淳作の「双龍図」が天井におどっています。
ご本尊と「双龍図」 The Buddha statue & the two dragons on the ceiling *1
四条河原町から歩いて5分くらいなのに、この静けさ。
Zen meditation 瞑想
京都というところは、つくづく不思議なところだと思います。

☆ 日本におけるドイツ年HP:「建仁寺とドイツデザインの出逢い」"Dieter Rams‐Less but better‐Weniger,aber besser‐"
くわしめの紹介が載っていますので、あわせてどうぞ。
☆ 建仁寺HP

[PR]
by Chubb-3 | 2005-10-23 23:40 | 京の都*Kyoto

ひらかた大菊人形

ひらかた大菊人形は今年で見納め。
☆ bloc:希望的観測。【第94回ひらかた大菊人形「義経」】
☆ ひらパーHP:第94回ひらかた大菊人形「義経」
「菊人形を製作する“菊師(きくし)”の高齢化と後継者不足などを理由」に、2005年の第94回で一世紀にわたる「ひらかた大菊人形」の歴史に幕を下ろすのだそうです。
このあいだの日曜日、招待券をもらっていたこともあり、ひさしぶりに行ってみることにしました。
c0024552_0591465.jpg
ワンコのバルーンを見つめるお嬢ちゃん。
この前に行ったのはいつなのかを考えると・・・・・・
・・・もう全然覚えていません。 それくらい昔。
そのときは「キレイやな~」くらいにしか思いませんでした。
が、今回が最後とおもうと、ちゃんと観るものですね(笑)。
菊でつくられた衣装のデザインの懲りように、目を見張りました。
菊のすがすがしい香りにつつまれて、本当に気持ちが良いものです。
入り口では、
菊人形館へご入館の方に「ひらかた大菊人形 想い出の九十六年」小冊子(保存版)を無料進呈!※限定配布
なのだそうで、薄い冊子でしたけど、ありがたくいただきました。

以下、ハイライトだけ。 他の写真はFlickrに後々アップ予定。
c0024552_130352.jpg
「京の五条の橋の上~♪」の場面。
五条大橋: 有名な五条大橋の場面、義経と弁慶の出会いを再現します。なぎなたを振り下ろす弁慶と、それをかわし華麗に舞う義経。両雄が橋上でにらみ合います。 (HP解説より)


● つづきます・・・>
[PR]
by Chubb-3 | 2005-10-04 00:57 | 京の都*Kyoto

祇園祭・宵山に酔う。

夏色月パラダイス

Flickrの「The Gion Festival 祇園祭 '04 & '05」で、宵山の写真のみ、アップし終えました。
写真はFlickrから一枚。 「月鉾の囃子方」です。


セット「The Gion Festival 祇園祭 '04 & '05」のスライドショーを
ご覧になりたい方は、上の写真をクリックしてくださーい!

一つ一つご覧になりたい方はこちらからドウゾ
実はまだ、山鉾巡行の写真もあるんですが・・・。

月鉾の天井の絵は、円山応挙の作とつたえられています。
ちゃーんと、ウサギさんもいるんですよ♪
京都市情報館 ・・・ 月鉾:32山鉾随一の工芸装飾 動く美術館と呼ばれる鉾
[PR]
by Chubb-3 | 2005-07-22 11:47 | 京の都*Kyoto
夏色月パラダイス

祇園祭宵山は、本格的に混む前に帰りました。

そのときに四条大橋の上からみた、お月様。

c0024552_2326242.jpg
1946年創業の東華菜館の屋上にはビアガーデンが出ていました。
☆ Yahoo!グルメ ・・・ 東華菜館
[PR]
by Chubb-3 | 2005-07-20 23:33 | 京の都*Kyoto

祇園祭'05

今年は祇園祭の宵山と山鉾巡行を観に行きました。

16日の宵山は迷っていたのですが、朝起きた時に疲れがとれていたので、お昼間だけ行ってみようと思い立ちました。夜になると、ほんとうに混みますからね。

そして次の日の17日、はじめて山鉾巡行を観ました!!
しかも辻回しのおこなわれる四条河原町で。さらに最前列で。
もちろん早起きしましたよー。

去年の宵山のはなしは、Chubb's Chamber * Reading Roomの旧館にあるのですが、Flickrにあわせてアップすることにしました。
写真撮りすぎて(?)、今整理するので精一杯の状態です。
順次、Flickrにアップしていますので、ご覧下さいませ。
☆ The Gion Festival 祇園祭 '04&'05
[PR]
by Chubb-3 | 2005-07-19 01:04 | 京の都*Kyoto

河井寛次郎記念館

c0024552_23363614.jpg京都・五条では、河井寛次郎記念館に行ってきました。
行ってみたいとはずっと思っていたのですが、なんとなく行かずにきてしまったので、これが初めて。

実のところ、こんなほんものの京町屋だとは思っていませんでした。
あまりに溶け込んでいて、この道も覗いたはずなのに一筋ちがう道を行き、街の人に道を聞きながらたどりつきました。

河井寛次郎の作品は、今年の早春、京都国立近代美術館で川勝コレクションを観てきました。

河井寛次郎作品集
―京都国立近代美術館所蔵川勝コレクション

河井 寛次郎 京都国立近代美術館
/ 東方出版
ISBN : 4885919304
いろいろな作風がありながら、それぞれがあまりに素晴らしく、器用なだけでなく生き生きとつくってらしたんだな、と楽しくなりました。

Flickr:Chica_Chubb's photo tagged with "Kawai Kanjiro memorial house"
↑Flickrで、河井寛次郎記念館で撮ってきた写真があります(この後にアップされている分も含みます)。但し、説明は全てアヤシゲな英語。コメントは日本語でもOKです!

* 河井寛次郎記念館
住所:京都市東山区五条坂鐘鋳町 (→Mapion)
開館時間 / 午前10時~午後5時(入館受付は午後4時30分まで)
休 館 日/ 月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
夏期休館 / 8月11日頃~20日頃
冬期休館 / 12月24日頃~1月7日頃

受付でノートに記帳すると、写真を自由に撮ることができますよ♪

● 中へ入っていきます・・・>
[PR]
by Chubb-3 | 2005-05-28 23:25 | 京の都*Kyoto