おはようこんにちはこんばんは!本のこと、アートなこと、旅のこと、サイエンスなことなどがエントロピー増大気味に散らばっている部屋へようこそ。


by Chubb-3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:銀の幕*screen( 9 )

c0024552_14323927.jpg去年映画館で「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」を観たときから楽しみにしていた「ティム・バートンのコープス・ブライド」。
その楽しみが「チャーリーとチョコレート工場」を観たことで一挙に高まっていたので、早速、観てきました。

わたしの中では「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」を観たときほどの衝撃と興奮はなかったのですが、それでも、あのティム・バートン独特のグロかわいさにキュンとなり、「チャーリーとチョコレート工場」でも見られたユーモア(ブラックなものもね)を盛り込んだ場面では声に出して笑ってしまいました。

辛口なことをいうと、ストーリーがありがちな設定で予想通りに進むので、物足りなさはあるのです。しかも上映時間が77分ですしね。

それでも、どうしてこんなに「良かったなぁ・・・」と心に残るのか、考えて見ると、キャラクターの表情の変化にすごくドキドキしたからじゃないかな、と思います。
特に、コープス・ブライドの気持ちが変化していく場面(驚いて、悲しんで、怒って、心を開いて、優しくなって・・・)が見事に表現されていて、それはもう本当に引き込まれていました。

ダニー・エルフマンのお決まりの茶目っ気タップリの音楽もオマージュがあっちこっちで見られて、クスッと笑わされます。
それに合わせて繰り広げられる、あのダンディー・ガイコツさんのパフォーマンスは、「チャーリーとチョコレート工場」のウンパルンパに匹敵する・・・かな?
やっぱり、わたしはウンパルンパのほうがおもしろいと思うけれど・・・

また、声優さんたちが「チャーリーとチョコレート工場」の俳優さんとかぶっているので、先に「茶リートチョコレート工場」を観た人にはさらに楽しめるようになっています。
特にリー様!!あの低音魅惑ボイスは素敵すぎます。

☆ ティム・バートンの「コープス・ブライド」 公式HP
[PR]
by Chubb-3 | 2005-10-29 13:38 | 銀の幕*screen
c0024552_210250.jpg先に述べたように、観てきました。
レディース・デイの水曜、夕方の映画館はもう、満員の女性専用車両状態。
帰りにわたしが乗ったエレベーターで、男性はたったの一人でした(笑)。
上映されている間も、なかなかノリがよくて、あっちこっちからワッと笑い声があがり気持ちよく観ることができました。

映画のほうは、ティム・バートン版の『チャーリーとチョコレート工場』になっていて、期待を裏切りません。
ポップでキッチュな色遣いの、へんてこりんな世界が、ジョニー・デップが怪演するウィリー・ウォンカ氏(小説ではワンカさん♪)にピッタリ。
小説ではヤギひげが生えていることになっているワンカさんですが、このチョコレート色のつやつやストレートおかっぱに、白塗り。
えーっと、これは最近のハヤリですか?
ハウルも、つやつやストレートおかっぱで透けるような白さでしたよね・・・
あちら様はブロンド、あるいは黒髪ですが。
この髪の毛も、ストーリー展開に欠かせないんですけど。

あ、そうそう、シルクハットをかぶった「カブ」っぽいシュールさもアリ。
小説の変人ぶりの理由付けが、映画オリジナルですが、十分納得できます。
字幕版だと、クリストファー・リーの渋すぎるお声を堪能できるのもいいですし
かなり良い場面で重要な役として出てきたところも嬉しかったですね。

ティム・バートンには欠かせない、ダニー・エルフマンの音楽がもう楽しくって。
チビのウンパ・ルンパ族(これを演じているディープ・ロイもすごい!)が、一癖も二癖もある子供たちのテーマ・ソングを振りつきで歌うのですが、ポップもあり、ファンクもあり、クイーンっぽいロックもあり、フォークソングもあり、もうなんでもあり。
サントラが欲しいな~なんて思いながら、聞いていました。
しかもこの歌のほうは、エルフマン自身でこなしているとか。

とっても密度の濃い映画で、これなら何度観てもいいかな、と思いました。
でもまぁ、ウォンカ・チョコレートは食べてみたいけれど、アメちゃんはゴメン。
なんとも体に悪そうな・・・

☆ チャーリーとチョコレート工場・映画公式サイト
☆ Charlie and the Chocolate Factory・映画公式サイト(英語)
[PR]
by Chubb-3 | 2005-09-19 02:11 | 銀の幕*screen

映画バトン。

footprintのminaさんから、2ヶ月ほど前に頂いたままになっていました。
いえ、何度か書こうとしたのですが、「3.最後に観た映画」のところで、満足した映画を挙げたいとおもったので・・・

1.所有している映画の本数
テレビで放映されて、ビデオに録画しているものを考えれば、数え切れないくらい・・・
DVDは、LotR関連ではLotR CEのセット、SEE3本、アニメ版『指輪物語』、『ザ・ロード・オブ・ザ・リングを創った男』など。

2.最後に買ったDVD
ザ・ロード・オブ・ザ・リング を創った男
/ クリエイティブアクザ
ISBN : B00006AGIJ
閉店セールでバーゲン・ワゴンの中にこれが入っているのを発見。
定価では買うつもりがなかったものの、「ちょっとこれは安いかも?」という値段だったので。
トールキン協会公認で、インタヴューイーもなかなか揃っているというウワサ。
じつはまだ封すら切っていませんでした(汗;)

3.最後に観た映画
『チャーリーとチョコレート工場』!
観ちゃいました!もうこれなら何度でも観てもいいくらい!!
あとでまた記事にして感想を書くつもりです。

4.よく観る、又は、特別の思い入れのある映画
LotRトリロジーは言わずもがな。

これ以外なら・・・
『ガタカ』(左欄のライフログでも取り上げています)
(これは『トゥルーマン・ショー』や『シモーヌ』のアンドリュー・ニコル監督作品。
遺伝子工学の発達した近未来SF。優秀な遺伝子を組み合わされ生まれてきた適性者と、自然出産で生まれてきた不適性者との差別がある管理社会。
そこで主人公ヴィンセントは自分の夢である宇宙飛行士になるべく、適性者として潜り込んだ会社で優秀な成績を上げている。そんなある日、社内で殺人事件が起こり・・・
衣装や建築などヴィジュアル面がスタイリッシュで、古くならない。
哲学的・倫理的な議論の部分でもおもしろい。
少し前にようやくDVDを手に入れました)

『2001年宇宙の旅』 (強烈なる印象)
『マイ・フェア・レディ』 (テレビで放映されるたびに、観てしまいます)
『となりのトトロ』 (一時期ずい分とハマりました。今でもモチロン好きですが、宮崎監督作品の中ではだんだん『天空の城ラピュタ』の方が好きになってきました)
『赤ひげ』 (黒沢明監督作品を観た本数は少ないのですが、その中でも非常に印象に残りました。時間も185分と長いのは、驚くほどゆっくりでていねいにつくられているから。白黒である分、役者さんたちの演技の凄みが伝わってきます)
[PR]
by Chubb-3 | 2005-09-18 08:36 | 銀の幕*screen

ハリネズミカメラ

とうとう、ハリネズミカメラを買いました。

でも、梅雨空つづきで出番がありません!!
晴れたら使ってみようかな?と思っています。
そう、CDに焼いてもらうのも、きっとこれが初めてになるはず。
Baby Holgaとどっちにしようか迷ったのですが、小さいメカというのもおもしろいかも、と思って。
空梅雨も困りますが、はやく晴れないかしら?
[PR]
by Chubb-3 | 2005-07-05 00:07 | 銀の幕*screen

極烏

ちょっくら休憩。

あのぅ・・・キリンの「極烏(ごくう)」っていうウーロン茶のCM、ものすごくハウルを意識しているような気がするのですが、どうでしょう?

キムタクでしょう?カラスでしょう?あのバサバサっと変身するあたり・・・
何か関係あるんでしょうか?

気になります。

+ キリンビバレッジ|極烏 (←CM観られます)
まだ飲んでないんですけどね。 ・・・気になるくせに。
[PR]
by Chubb-3 | 2005-06-15 02:38 | 銀の幕*screen

ノルシュテインの世界

きっとお好きな方がいらっしゃるはず・・・!!と思って、慌てて投稿。
ETV特集
「ロシア・アニメの巨匠ノルシュテインの世界」
05月14日(SAT) NHK教育 22:00~23:30
まもなくですよ~!
わたしは、美の巨人たちを見るので、録画です^^
ユーリ・ノルシュテイン作品集
/ ジェネオン エンタテインメント
ISBN : B00006AUUL

[PR]
by Chubb-3 | 2005-05-14 22:00 | 銀の幕*screen

映画 『コーラス』

c0024552_23284681.jpg『天使にラブソングを 2』のフレンチ・ボーイズ編。
・・・と言ってしまうと、元も子もないのですが、わたしはこういうストーリーは好きなのです。そしてボーイ・ソプラノも。

かわいいツラしてイタズラ坊主が揃いにそろった、底辺の男子寄宿学校の生徒たち。厳重な罰でしばりつける校長。そこへやってくる新しい舎監の音楽の先生は、歌で子供たちの心を捉え、コーラスをつくりあげるが・・・というストーリー。

ただ『天使にラブソングを 2』のように、現実、甘くはいかないです。
かく乱分子はいますし、母親への思慕も男の子は難しそうですし、校長は独裁者ですし、同僚も当てになるんだかどうだか・・・
それでも、希望の種は撒かれているという終わり方だと感じました。

一番の見所は、やはりモランジュ少年がひねくれているときの表情と歌っているときの生き生きとした表情の差、そして子供たちが「歌ってごらん」と促されたときにうたう歌でしょうか。
あの歌たちは、フランス語だからこそ、おもしろいのだなぁと、感心いたしました。

映画『コーラス』オフィシャル・サイト
「フランスで7人に1人が見た」とか「文部科学省特別選定」とか「2004年フランス動員記録1位樹立」とか、情報盛りだくさんです。
製作・音楽は「ニューシネマ・パラダイス」や「WATARIDORI」のジャック・ペラン。
[PR]
by Chubb-3 | 2005-04-14 23:51 | 銀の幕*screen
一生懸命、京都の写真をアップしていて、前に見つけておいた情報のクリップを忘れてました。
Welcome to Wonka Industries
映画「チャーリーとチョコレート工場」の工場のフェイクHP。
ぜひとも、スピーカをONにして開いてみてくださいね♪
といっても、大した効果音じゃないんですが、またそれが好きなので(^^)
まだComing Soon!が多すぎ~!

そういえば、海外ボツ!NEWSさんでも、こんなニュースが。
☆ ヲタク魂炸裂!ティム・バートン、新作撮影秘話
がんばりますねぇ。
[PR]
by Chubb-3 | 2005-04-14 22:43 | 銀の幕*screen

パソコンテレビ

時代はどんどん進んでいきますねぇ・・・
Flix:2005/04/07 『シカゴ』などメジャー映画を完全無料でネット配信開始
4月6日、株式会社USENが無料のブロードバンド放送の試験放送を開始した。パソコンを持っていて、ブロードバンドに接続しているユーザーであれであれば、だれでも無料で映画やニュースなどの動画が観覧出来る。
パソコンテエレビ「GyaO」というサイトだそうです。記事にURL紹介あります。
完全無料には弱いです(笑)。
[PR]
by Chubb-3 | 2005-04-10 02:53 | 銀の幕*screen