おはようこんにちはこんばんは!本のこと、アートなこと、旅のこと、サイエンスなことなどがエントロピー増大気味に散らばっている部屋へようこそ。


by Chubb-3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2005年 08月 08日 ( 2 )

blocを更新

こちらも以前にたくさん更新してからは、ずーっと放置状態だった「bloc:希望的観測」も更新いたしました。

メジャーな展覧会が多めです。
例えば、神戸で開催中の「ベルリンの至宝展」とか、9月から天王寺で開かれる予定の「特別展 ミラノ展」とか・・・

一方で、ちょっと知られていないような展覧会も。
例えば、大阪のINAX Galleryで開催中の「肥田せんせぃのなにわ学」は、大阪ならでは、のユニークな展覧会です。
入場料は無料。小規模ながらワンフロアぜぇんぶが、島之内育ちの「せんせぃ」のエェ味付け。
この頃、「モダーンなオーサカ」の良さに気付かされつつあるわたしは、この世界にずぶずぶ~と行きかけましたf(^^;
レヴューや浪華踊りのパンフレットの華やかさ、ダンスホールの粋な人々・・・・・・
一角では「せんせぃ」の書庫が再現されております。
書斎の再現というのはまぁ、よくあるものですが、書庫の再現というのは、あんまりありません。

他には、大阪市立自然史博物館で開催中の特別展「なにわのナチュラリスト~自然の達人たち~」は、ナチュナリストに興味がある方なら、自然植物園と合わせて、非常に楽しめるとおもいました。
標本や化石を見るのが、楽しくってしょうがない!という方、子供のころは理科室や理科の先生の準備室を覗くのが楽しみだったという方、手塚治虫が子供の頃に常連だったという宝塚の昆虫館ってどんなものだったのか見てみたいという方・・・には、オススメです。
別に「これでもか~」というほどの大規模なものでもありませんが。

もうすぐ始まるものでは、京阪百貨店守口店の「グリコのおもちゃからからくり人形まで 【加藤裕三の遊びと手仕事展】」とか。

まぁ、ナンやカンや言っても、自分視点で「これはオモロイやろな、行かにゃならんな」と思ったものを選んでますので、「あら?どうして入ってないの?」というものもあるかもしれません。
モチロン、「あ、忘れてた!」というものも沢山あるとおもいます。
「こんなものは面白そうですよ!」というものがあれば、教えて下さいませ♪
[PR]
by Chubb-3 | 2005-08-08 23:42 | 芸術の周辺*art

セミ大発生

この頃、Flickrばかり更新していて、blogをサボリ気味・・・いかんいかん。
えっと、心苦しいのですが、そんなわけでFlickrから。
セミの抜け殻なんですが、「・・・あら?」というわけです。
Amazing cicada shells #1 [Attack!]
今年はこういうペアの抜け殻をたくさん見ます。
こういうのを見かけるのは、ビル街の中にポツーンとあるような公園に多いです。
それも、日に当たるところ。つまり人がよく通りそうな通路に近い木に・・・。

もっと、もっと凄い状態のも、沢山ありまして・・・
セミの抜け殻くらいならゾッとしないぞ、という方も、これにはゾゾッとするかも?

● 見つけたときは、うへ~と・・・>
[PR]
by Chubb-3 | 2005-08-08 00:44 | 花と虫*flower/worm