おはようこんにちはこんばんは!本のこと、アートなこと、旅のこと、サイエンスなことなどがエントロピー増大気味に散らばっている部屋へようこそ。


by Chubb-3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

『Oaxacan wood carving 進化するメキシカン・フォークアート』展

c0024552_23473375.jpg国立国際美術館に足を伸ばしたら、そのまま市立科学館の南側にあるgraf media gmにも、よってみましょ。

いま、5/8(日)まで、『Oaxacan wood carving 進化するメキシカン・フォークアート』展が行われています。Oaxacanは「オアハカン」と読み、メキシコのオアハカという州でさかんな木彫りを特集した展覧会です。このオアハカの木彫りは、世界的にメキシコを代表するフォークアートなのだそうですが、日本ではあまり知られていません。

展覧会場の説明書きを読むと、この木彫りの歴史自体はまだまだ浅いそうです。ほとんどのモチーフが動物で、現地の神話や伝説とむすびついた作品が多いということでした。他にも、悪魔や骸骨から聖母なども組み合わされています。

一つ一つみていくと、土着の匂いがするものから、荒削りながら芸術の高いもの、ほとんど芸術作品という扱いを受けているものまでが、一堂に会しています。また、現地のオアハカン・ウッドカーヴィングを手がける人々の暮らしを撮ったビデオも上映されていました。
そして今回、日本での展覧会ということで、日本の張子の虎(もしかしてgraf→大阪→タイガース??)などもモチーフにされたものも展示されていました。で、この写真(↓)は、今回の展示販売で買っちゃったカメさんのオアハカン・ウッドカーヴィング(と、grafのフリーペーパー)です。実際のカメさんはともかく、カメの置物とか結構好きなんですよ。
c0024552_23572586.jpg
grafは、いまや世界に知られる大阪を拠点とする家具の製作・販売を手がけるクリエイター集団です。その拠点であるビル、graf media gmの1Fには、カフェ・バーがあり、その奥にギャラリーがあります。また入り口近くにはアート本をあつめた本のコーナーもあり、その窓から私立科学館や国立国際美術館が見えるという好位置に建つそのビルも、実は古い5F建てビルを改装したものというのも、素晴らしいですね。

☆ 『Oaxacan wood carving 進化するメキシカン・フォークアート』展
2005年4月2日(土)~2005年5月8日(日) [月曜日 (祝日の場合は開館)]
12:00~20:00 無料
@ graf media gm
住所:大阪府大阪市北区中之島4-1-17 瑛長ビル1F (→Mapionで場所確認)
[PR]
by Chubb-3 | 2005-04-23 23:47 | 芸術の周辺*art